Rover53 Rover54 Yoga/Pilates Aroma touch
STAFF BLOG
2017年01月30日

クリープシスパーマ

毎年この時期になるとパーマをしたくなり

勉強を兼ねて知人のサロンや気になるサロンに行くのですが

昨年の今頃傷まないデジタルパーマがあると言われて試してみたら

グリグリのパサパサになり臭いも髪にしばらく残って大変な思いをしたので

今回はスタッフにクリープシスパーマでかけてもらいました。

 

クリームのパーマ剤なので頭にツーっと垂れるあの嫌な感じがなく

更にパーマの臭いもほとんどないので、お家に帰ってからでも気にならず

ストレスフリーにパーマができます。

 

クリープシスパーマのお薬は髪のたんぱく質を補いながらパーマをかけていくのでダメージが少なく、

以前お客様が前髪だけパーマしたときに前髪だけすごくツヤツヤになったことがあり

ました。笑

 

前にパーマをかけたけど傷んだり臭いがきつい思い出が残ってしまっている方に是非体験して欲しいパーマです!

 

私は今回根元からボリュームを出してぐりぐりクセ毛風にかけました。

かっこよくしたい日はジェルでしっかり束間を出し

やわらかくしたい日は軽めのワックスでほぐした感じに

クセがあるとただ一つ結びしただけでもゆるさが出てお洒落に見えたり

 

冬服のボリュームに負けがちな今と

春先に切り替わっていく数ヵ月後に向けて

おすすめです!

 

うえだ

2017年01月26日

和装ヘアアレンジ

年末あたりから和装を着られる方が増えているように感じていますが、和装ってやっぱり素敵ですね

着物自体も素敵ですし、帯の色を変えるとまたガラリと雰囲気が変わったりして

和装っていいなと改めて思いました。

 

和装の髪型もいろいろですが、今回は下めにまとめました。

しっとり落ち着いた雰囲気が素敵でした
image

 

image

 

2017年01月29日

WHITE FLASH

IMG_1631

最近使っている歯磨き粉なんですが、研磨剤が入っていないのに歯が白くなるんですって!

 

 

化粧品原料酸化タングステンの働きにより、歯を白くするシステムなんですが、磨いた後に必ず光に当てるんです。光で歯が白く輝くホワイトフラッシュは、独自原料配合だそうです。

 

 

ホワイトフラッシュは、歯のエナメル質と歯茎に吸着し歯と歯茎を守る、世界でただ一つのテクノロジーです。ホワイトフラッシュは、一日中吸着し、目には見えない保護バリアを作ります。このバリアが、黄ばみの原因となる汚れを分解し、ステインの吸着を防ぎます。ホワイトフラッシュはどんな光でも、歯と歯茎を傷つけることなく、汚れを浮かしてブラッシングにより歯を白くするそうです。
この作用はどんな光でも、光が当たれば当たるほど、ブラッシングで効果が高まります。 ホワイトフラッシュは、ただ歯を白くするだけではなく歯茎を健康に保つほか 保湿効果もあり、歯垢や虫歯の原因となる歯周病菌を効果的に殺菌するそうです。

 

一時的な美白効果のある他社製品は、美白効果は期待できますが、歯にダメージを与えてしまいます。
蛍光増白剤、過酸化物などの歯にダメージを与える成分が含まれていなく、光を照射することで、歯を磨き、本来の白くかがやく歯を取り戻せるという事で約1ヶ月使って見たところ、心なしか白くなったような?!

光に当たるのを忘れてしまうことが多々ありますがこの結果なので、しっかり光に当てていたら白くなってるかも。。

 

もう少し様子を見て見ようかと思います!

 

シラカワ

2017年01月28日

オーガニックスパ

今年が始まってからもう28日が過ぎました!

 

もう2月になりますね!

 

1,2月と70minオーガニックスパキャンペーンをしていますが、冬の脂は重たいのでほっておくと痒みやふけ臭いの原因にもなるので、綺麗に出来るときにしっかり毛穴のお掃除しましょう!

 

綺麗になるとふわっとボリュームも出やすくなるし、抜け毛予防にもなりますからね

 

お待ちしています!

 

姉の愛犬も散髪したみたいで、ふわっふわになっていました!

 

寒いと犬もくるまるんですね笑

 

犬っていうよりか羊っぽい感じで寝てたのでちょっとパシャリ

 

20170126152807_p

まだまだ寒いので風邪引かないようにですね!!

 

あおき

 

2017年01月25日

乾燥肌

image乾燥しますね。

もともと乾燥肌なのですが、年々、乾燥を強くかんじるようになりました。

 

乾燥について調べていると、

お肌ももちろんなのですが、頭皮にも繋がるなと思うところがありました。

 

冬場は寒いので、シャワーの温度を上げたくなりますよね。

でも温度を上げてしまうと、肌の水分の蒸発時間がとても早く、体内に取り込んでいる水分まで一緒に蒸発してしまいます。シャワーの温度は高すぎず低すぎずがベストです。あまりに高いと敏感になっている肌を傷つけますし、肌の水分を保有させることも出来なくなってしまいます。

また、水圧も重要で、あまりに勢いの強い水圧だと、肌の角質・皮膚・細胞を壊してしまう恐れがあります。

水温と水圧には十分気をつけましょう。

 

というところを私も気をつけていこうと思いました。

まだまだ乾燥の季節が続きますが、乾燥させないように気をつけましょうね。

 

岩崎

Copyright (C) Rover53 All Rights Reserved.

Aroma touch TOP CONTENTS INFOMAITION ACCESS  MENU Rover53  MENU GALLERY SCHEDUELE STAFF BLOG MENU Rover54 GALLERY SCHEDUELE ACCESS STAFF BLOG SCHEDUELE ACCESS Yoga/Pilates  YOGA MENU  PILATIS MENU SCHEDUELE ACCESS